シアリスには併用禁忌薬や処方出来ない人がいる?

ED治療薬のシアリスの効果を最大限に生かすためには、服用の仕方に気をつける必要があります。
食事やアルコールなどにはあまり影響を受けず、副作用も少ないとされているシアリスですが、薬の飲み合わせでは一緒に服用してはいけない併用禁忌薬が指定されています。
これらはその薬単体では効果を発揮しますが、併用すると体に弊害がある薬のことを指します。
さらに、指定薬以外にも併用が望ましくない薬剤もあります。
こうした薬剤とシアリスを併用する際は、必ず医師や薬剤師に相談する必要があります。

また、薬剤だけではなく、これまでの既往歴などからシアリスを処方出来ない場合もあります。
それは以下のような人です。

  • 併用禁忌薬を服用している人
  • シアリスに対して過敏症、アレルギーなどの既往症がある人
  • 心血管系障害などがあり、性行為を行うのに危険な障害を有している人
  • 不安定狭心症である、または過去に性行為中に狭心症を発症したことがある人
  • コントロールができない不整脈がある人
  • 低血圧(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)
  • コントロールができていない高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)の人
  • 直近3カ月以内に心筋梗塞の既往歴がある人
  • 直近6カ月以内に脳梗塞あるいは脳出血の既往歴がある人
  • 重度の肝障害を患っている人
  • 網膜色素変性症を患っている人
  • 未成年

基本的に性行為自体が心臓に負担をかける行為であるため、それを目的としたシアリスは心疾患や脳疾患の既往性を持つ人には処方できません。
また、血圧や心拍数、心筋酸素消費量への影響も大きくなるので、性行為そのものを控える必要がある人へは処方されません。
そのほか、重度の肝障害を患っている人、未成年の服用での安全性が確立されていないので処方はできないことになっています。
ただし、病院によっては未成年であっても既婚者の場合には処方を行っているところもあります。

ほかのED治療薬よりも持続性が高く、安定的に使用できる薬剤として使用されるシアリスですが、精力剤などとはまったく違い、あくまでもPDE-5阻害薬です。
使用する場合は、信頼できる病院、薬剤師に処方してもらい、用量・用法をしっかり守って服用する必要があります。
さらに、上記のような既往症やアレルギーなどがある場合には、重大な障害が発生する可能性がありますので注意が必要です。

シアリスと飲み合わせしてはいけない薬の種類

シリアスとの飲み合わせで併用禁忌に指定されている薬剤には以下のものがあります。

硝酸剤

心筋梗塞や狭心症などの治療薬として使用される血管拡張薬です。
代表的なものにはニトログリセリンがあります。
硝酸剤を使用している人がシリアスを服用した場合、急激に血圧が下がる可能性が高いため、併用が禁止されています。
硝酸剤は飲み薬のほかにも舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレーなどがありますが、そのすべてが併用禁忌薬に指定されています。
種類が多いため、流通している商品もかなり多くあります。
処方薬の中に硝酸剤が含まれているか自分では判断できないこともありますので、シアリスを処方してもらう場合には必ずお薬手帳などを持参し、薬剤師に確認してもらうようにしてください。

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬

肺動脈に血栓または塞栓ができて、肺動脈血圧が異常に上昇するのが慢性血栓塞栓性肺高血圧症で、難病指定を受けている疾患です。
慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬を服用している人がシアリスを併用した場合、細胞内cGMP濃度が増加し、全身の血圧に影響が出るため、症候性低血圧を起こす可能性があります。

併用禁忌薬として指定されている薬剤は以上ですが、場合によってはほかの薬剤との併用でも重篤な副作用が発生することもあります。
もし、服用中の薬や常時摂取しているサプリメントなどがある場合には、薬剤師に確認をするようにしてください。
また、サイズプロウルトラのような勃起への効果の発揮が期待できるサプリは副作用もなく併用禁忌もないと言われていますが、心配な方は念のため確認すると良いでしょう。


なお、副作用が少ないと言われているシアリスですが、薬剤である以上、まったく副作用がないわけではありません。
ほかのED治療薬より副作用が少ないのは、服用してから効果を発揮するまでの時間が長い遅効性薬だからです。
だいたい服用後、3時間程度で効果を発揮すると言われているシアリスは、それだけ時間をかけて体に馴染ませていくために副作用があまり強く出ることはありません。
それでも体調や体格などによっては頭痛や体のほてり、消化不良のほか、背部痛や筋痛、鼻づまりなどを感じたという報告もあります。

また、食事やアルコールなどにもあまり影響されませんが、アルコールの飲み過ぎはEDに悪影響を与える可能性があるので注意しましょう。
さらに、服用時にグレープフルーツを食べるのは控えてください。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が影響し、シアリスが体外へと排出されるのを妨げることが可能性があります。
そのままシアリスの成分が体内に残ることで体に悪影響が出ることがありますので、要注意です。