日本では3種類のED治療薬が承認されていますが、シアリスは最も新しいED治療薬で遅効性と長い持続時間が大きな特徴です。
有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けづらいという特徴もあります。
シアリスの服用方法としては、性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用します。
適量のアルコールで摂取することも可能です。アルコールは過度に摂取すると酩酊状態となるため、性行為自体が困難となります。
しかし適量であれば気分をリラックスさせてタダラフィルの効果を助けます。

EDは身体的問題だけでなく、慢性的なストレスなどが原因となって発症します。
EDを改善するためにはリラックスできる環境が重要です。
適量のアルコールでシアリスを服用すると、リラックスできるためEDを改善する効果が高まります。
またシアリスは食事の影響を受けにくく、標準的な成人男性の1食分の食事であれば問題ありません。
シアリスを服用する前でも、エネルギー量が800kcalまでの食事を摂取することができます。

基本的なシアリスの服用方法としては、性行為の3時間前に空腹状態で服用します。
800kcalまでであれば服用前に食事を摂っても問題ありませんが、空腹状態で服用するとより効果的です。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
5mgは効果が強くないためあまり流通しておらず、多くの病院では10mgと20mgを扱っています。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間です。
シアリスは非常に持続時間が長いという特徴があり、ウィークエンドピルとも呼ばれます。

週末に泊りがけでデートをするような場合には、シアリスを利用すれば何度も服用する必要がなく経済的であり、相手にED治療薬を飲んでいることを気づかれたくない場合はリスクを軽減できます。
金曜日の夜に20mgの錠剤を服用すると、日曜日の昼まで効果が持続します。
服用から効果が現れるまで3時間ほどかかり、その後長時間にわたって効果が続きます。
効果の現れ方が非常に緩やかなので、副作用が現れにくいというメリットも存在します。
シアリスの副作用にはめまいや頭痛、顔のほてり、消化不良、鼻詰まりなどがあります。実際に副作用が現れるのは服用者の3割ほどです。

めまいなど副作用の症状が現れた場合でも、基本的に軽微なので問題はありません。
性行為の3時間前に服用すれば、体に負担をかけずに長時間にわたってEDを改善する効果を実感できます。

シアリスは性行為の3時間前に飲むのがベスト

時計シアリスは服用してから効果が現れるまで3時間ほどかかります。性行為の3時間前に服用するのが最もベストなタイミングです。
EDを改善する効果はゆっくりと時間をかけて現れます。また効果の持続時間も長く、最長で36時間持続します。
シアリスは性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
有効成分のタダラフィルは食事の影響をあまり受けないため、服用前に食事を摂ることもできます。
なるべく空腹時に服用すると効果が高まります。食後は2時間ほど時間を空けるのが合理的です。

脂肪分の少ない食事を腹6分目から腹7分目ほど摂取した場合には、2時間ほどで消化します。
一方中華料理やフランス料理など脂肪分の多い食事を摂取した場合には、2時間経過しても脂肪分が胃や腸に残っています。
脂肪分の多い食事を摂取した場合には、食後5時間から6時間ほど経過してからシアリスを服用すると効果的です。
有効成分のタダラフィルは基本的に食事の影響を受けませんが、グレープフルーツのようにフラノクマリン酸を含む食品は副作用を強くするので避ける必要があります。

フラノクマリン酸はグレープフルーツやザボン、ハッサクなどに含まれています。
人間の体内には薬物を代謝する酵素が存在し、医薬品の血中濃度が過度に高まらないようにする仕組みが存在します。
フラノクマリン酸は薬物代謝酵素であるシトクロムP450の働きを阻害し、タダラフィルの血中濃度を高めます。
シアリスは副作用が現れにくく、症状は基本的に軽微です。
しかしフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると、めまいなどが強くなります。

シアリスは血管を拡張して海綿体への血流を増やすことでペニスの勃起を促します。
服用すると血管が拡張され、血圧が下がることでめまいが起きる場合があります。
また頭部や消化管、鼻の粘膜などが充血すると頭痛や顔のほてり、消化不良、鼻詰まりなどが起こる可能性が存在します。
ただしシアリスは遅効性で効果の現れ方が緩やかなので、基本的にあまり副作用が発症しません。
狭心症の治療などに使用される硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を使用すると、過度に血圧が低下することがあります。

シアリスを服用する場合にはグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品や硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬に注意が必要です。
基本的には副作用が現れにくいという特徴があるので、性行為の3時間前に服用すれば安全にEDを治療できます。